ハーレー買取

ハーレーを高く買取してもらう4つのポイント

ハーレーはバイクの中でも特別で、古くても高額で買取されているものがたくさんあります。
かなり古いハーレーであっても、300万円以上の価格で買取されていることもあります。

高ければ高いほど、一つ工夫をしてあげるだけで、ハーレーの買取価格は大きく変わってきます。
より高い値段でハーレーを買取してもらうために、知っておきたい4つのポイントを以下に紹介します。


一括査定を利用して、買取業者に競争させよう!



ハーレーに限らず、バイクでも車でも、高く売るための最大のポイントは、数社から見積もりをもらって競合させることです。
特にハーレーは他のバイクに比べて相場が不安定なので、買取業者によって査定価格は大きく変わってきます。

ハーレーの査定の際には他社の買取価格をハッキリと伝えて、それ以上の値段で売りたいという意思を伝えましょう。
まだ他の買取業者が来ていない状況であれば、一括査定で数社にお願いしているということを、さりげなく伝えておくと良いでしょう。

なお、バイクの一括査定であれば、最大8社まで自分で買取業者を選択できるバイクブロスがおすすめです。

≫バイクブロス公式サイトはこちら




大手買取業者×地元買取業者の組み合わせが大事!

ハーレーを買取してもらう上では、複数業者から査定をもらうのは必須となりますが、同じような会社ばかり選んでいては意味がありません。
査定してもらう買取業者を選択する上でポイントとなるのは、有名な大手買取業者と、地元の中小買取業者を組み合わせることです。

一般的に言って、ハーレーの買取価格は中小買取業者よりも大手の方が高い傾向にあります。
ハーレーはメンテナンスなどの取り扱いが難しいことと、大手買取業者は独自の再販ルートを持っているのがその理由です。

しかし、地方の小さな買取業者はバイクの買取台数が足りていないこともあるので、ハーレーの球数が足りなくなると、買取価格をギリギリまで高く設定することがあります。
ハーレーをより高く買取してもらう為には、バイク王やバイクボーイのような大手買取業者と、地元の中小買取業者をバランスよく組み合わせるようにしましょう。


複数の買取業者に査定をお願いするのは面倒ということであれば、バイク王がオススメです。バイクの買取では業界最大手の企業で、買取査定額も比較的安定して高い傾向にあります。

バイク王は、自社でバイク王ダイレクトショップという直販店を運営していますので、他社には無いバイク販売ルートを持っています。そのため再販が難しいハーレーであっても、中古車の買取価格を高く設定することができます。
出張査定や24時間365日の買取申し込みなど、使い勝手の良いバイク買取業者なので、一社のみの査定ということであればバイク王を選ぶのが良いでしょう。

≫バイク王公式サイトはこちら



ハーレーはノーマルが高く売れる!

ハーレーは何かしらのカスタムを施して乗る方が多数ですが、残念ながら買取の際にはノーマルのハーレーの方が高い値段が付きやすくなっています。

マフラーやシート、足回りはもちろんのこと、ネジ1本にしても純正ノーマルのハーレーの方が高く売れます。
買取したハーレーをさばくディーラー側としては、ノーマルの方が販売しやすいし、カスタム車は耐久性が落ちている可能性があるので避けたいところです。
ハーレーを買取してもらう前には、できる限りノーマルに戻しておくと良いでしょう。
ノーマルに戻すことができなくても、ノーマルパーツを一緒に買取してもらうことも可能です。

買取業者はノーマルパーツに交換して、カスタムパーツを単体で売ることもできます。
ただし、見た目には関係のないETCやナビ、エンジンのボアアップなどは、反対に買取価格UPの要因となるのでそのままにしておきましょう。



買取前には必ず洗車しよう!



ハーレーを買取査定してもらう前には、必ず綺麗に洗車しておくようにしましょう。
買取査定をするのは基本的に1人の営業スタッフで

、ハーレーの"外装の状態"は見た目での判断となります。
外装の状態はA〜Eのアルファベット5段階などで、ざっくり評価するところがほとんどです。

泥や埃まみれのハーレーを洗車しておくだけで、見た目の印象が大きく変わってDからCに判定がUPする可能性もあります。
判定が変わると買取価格が数万円変わる可能性だってあるので、査定前にはハーレーを綺麗に磨いておきましょう。

≫ハーレーの価格査定をしてみる